10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.11.17 (Fri)

「応答セヨ」

15日に放送された「ベストヒット歌謡曲」の前髪厚め亮ちゃんがかっこよすぎて未だにクラクラしている管理人です。こんにちは。
8uppersのエース様が大人になって渋みが増した感じで、たまりません・・・(*´Д`)

ジャニーズネットの動画によると、亮ちゃんは「西郷どん」の最初のほうにも出るそうです!!
これはもう初回の1月7日から見るしかないですね☆彡

さて。
11月15日に発売された関ジャニ∞の新曲「応答セヨ」通常盤の感想です。
スポンサーサイト
12:05  |  CD・DVD  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.10 (Tue)

アルバム「ジャム」通常盤感想。

今更ですが。
アルバム「ジャム」通常盤に収録されている楽曲の感想です(^^)
ライブを見ると印象が変わることが多々あるのですが、それも含めて「現時点」での感想です。
ライブのネタバレも一部あります♪
12:24  |  CD・DVD  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.07 (Sat)

アルバム「ジャム」初回限定盤A「フトコロノカタナ」

アルバム「ジャム」初回限定盤Aの特典映像「フトコロノカタナ」について。
「フトコロノカタナ」とは、「自分が自分でいるために大切にしているもの」をメンバーそれぞれあげてもらい、個々にロケをする、という企画です。
その中で亮ちゃんが挙げていたのは「大阪と仲間」。
その中でとても印象に残っている言葉を残しておきます。
12:06  |  CD・DVD  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

「関ジャニ’s エイターテインメント」ライブDVD/Bru-Ray発売決定!

なかなか春がやってこない今日この頃ですが、いかがお過ごしですか?

さて。
ようやく!!エイタメコンのライブDVD/Bru-rayが発売されます。

発売日は5月10日(水)!!

ゴールデンウィーク明けですね。


詳しくは、インフィニティレコーズ公式サイトをご覧いただくとして。
こちらでは主な情報をざっくりまとめておきます。
今回は、DVD初回限定盤、DVD通常盤、Bru-ray盤の3種売り。
本編は1月15日、京セラドームのオーラスの公演を収録しているそうです。

DVD通常盤は本編のみ。

DVD初回限定盤は
・本編
・ツアーメイキング映像
・MCダイジェスト
・アナザーCM集

Bru-ray盤は
・本編
・ビジュアルコメンタリー
・アコースティックコーナー映像
・コンサートビジョン映像

DVD初回限定盤のアナザーCMは、「飛び出せ鼻毛」などの、曲の中身を全く紹介していないおもしろCMですね(笑)
全然捕獲できなかったのでこれもめっちゃ惹かれたのですが・・・

特典はBru-ray盤圧勝 (個人の感想です)

アコースティックコーナー全部、コンサートビジョン映像は見られなかった分も全部収録してほしいというのが切なる願いだったので、これがきちんと収録されているだけで満足です(*^^*)

残念ながら懐に余裕が全くないので、Bru-ray盤だけ購入することにします。

楽しみですね!!
08:59  |  CD・DVD  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.19 (Sun)

「BJ」

「なぐりガキBEAT」通常盤に収録されている「BJ」について。
亮ちゃんが編曲して新録しています。

「BJ」はもともと「ワッハッハー」のカップリングですが、私は音源を持っていません。

なぜなら、新規だから←

過去の作品もできるだけ遡ってはいるのですが、シングルのカップリングにまで手を回せる余裕がないのです(ノД`)・゜・。
でも、ライブDVDには収録されているので、しっかり聴いています。
だから、昔の音源と比べることはできないのですが。

新録バージョンを聴いて、

メンバーの歌、メンバーの演奏、楽曲そのもの。それぞれの素材の良さを生かしているなぁ

と思いました。
たぶん、演奏がシンプルになっているのかな?
それでメンバーの声、演奏がしっかり聴けるようになっているように感じました。
あと、もちろん、それぞれの編曲のセンスもありますけど、どの編曲でも胸を打つ曲なんですよね。それはやはりもともとの楽曲の良さなんだろうなって思いました。

こちらも、1月27日付の亮ちゃんのレンジャーで制作の話を書いています。
亮ちゃんの頭の中でちゃんとそれぞれの音とその重なりがちゃんとイメージできていて、それを具現化できるのがすごいなぁと、音楽に詳しくない私からすると思ってしまいます。

今まで、歌より演奏を重視してエイトの楽曲を聴くことがなかったのですが、この編曲は演奏もちゃんと聴いてみたくなります。
特に、間奏のキーボードとグロッケン(鉄琴)がメインのところとか、エレキギターの入れ方とか、ちゃんと聴くととても印象に残ります。
どの楽器もそれぞれ聴きどころをちゃんと作っている編曲なんですよね。
亮ちゃんのレンジャーから私はメンバーによる演奏だと推測しているのですが、CD音源には演奏のクレジットがないのが残念です。
これをメンバーで演奏しているところをちゃんと聴いてみたいです。

余談ですが。
エイトのアルバムには演奏者のクレジットが載るのですが、シングルには載らないんですよね。
今まで気にしたことがなかった私が言うのもなんですが、メンバーによる編曲や演奏(と思われるもの)が増えてきているので、シングルにもぜひクレジットを入れてほしいなぁと思います。
こういうのも売りになると思うので、もったいないなぁと思います。
「メンバーによる演奏」というのを大々的な謳い文句にする必要はありませんが、しれっと入れてくれると嬉しいなぁ。

蛇足。
「ほほえみデート」のせいで、
2番のヒナちゃんパート ♪抱きしめていたあ~いあいあ~い♪ を聴くたびに笑っちゃうんですけど(ノ∀`)
ヒナちゃん、ごめんなさい!!
13:39  |  CD・DVD  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>